大量の汗に悩んできたのでいろんな対策をしています。

 

まずは暑いと感じたときに汗が大量にでるので、一枚日ごろから余分に着るようにして暑いと感じたら着ている洋服を一枚脱ぐようにしている。

 

 

それだけでも十分涼しく感じて汗が出る前の対策になる。それでも真夏などはエアコンのない場所では汗は防ぎようがないので、汗を表面に出さない対策をしています。

 

それは肌着で脇汗を表面にださないようにする。汗がでたとしても肌着が汗を吸い取り、表面には汗をかいているということをわからないようにしてるのです。

 

 

重ね着ができないような洋服の場合は汗脇パットを利用したりもています。ノースリーブの洋服などを着るときには、目に見える汗脇パットは使えないので、汗止めクリームなどを利用しているときもあります。

 

これの場合は大量の汗を止めることはできないので、あまり効果は期待できませんが、それでもなにもしないよりはずいぶん効果はあると思います。

 

 

下着のほうが早く乾くものも多く販売されており最近では汗をかいた瞬間から乾きだすものもあるので、たっぷり汗をかいた感覚もなくさらっとした着心地もえられます。

 

これらは上半身の問題解決です。では下半身についての汗大対策の話ですが、下半身のなかでもとくに汗をよくかくのは足です。なので通気性のよい靴を履くように心がけています。

 

靴下にソックスなどのスタイルだと、足は蒸れてとても不快ですから綿素材の汗を吸収しやすい素材でも濡れたような状態になるので、これはあまり真夏などには向かないと諦めて、やはり風通しのよいサンダルを履くようにしています。

 

 

 

今年はサンダルにソックスを合わせるコーディネイトも流行っているのでサンダルが汗でぬめるようなこともなく、可愛く履きこなすこともできる今年は汗にはよいと思っています。

 

 

では肝心の顔汗を止める方法についての対策です。最近ではミストなどの顔に化粧水をふりかけるタイプのものが販売されており、中には液体で冷蔵庫で冷やして使ったりしてクールダウンできたりするので時々使用しております。

 

特にエアコンの効いた室内では意外と冬よりも乾燥していることもよく感じますのでこの化粧水のミストは乾燥から肌を守ることもできるのでよいと感じています。

 

 

あとは化粧崩れしにくいようにすること、特に厚塗りはしないようにしています。ムラの原因となるファンデーションの厚塗りは汗をかいたりすると特によれてしまったり、毛穴がめだち醜くなるので要注意です。しっかりメイクは夏には不向きですからなんども化粧直しの際に塗りなおすのもよくないと思います。軽くおしろいなどのパウダーで肌を押さえる程度にしたほうが汗をかいたとしても色のムラにはならないと思います。

 

汗は止めることはできないのですが、健康な体であれば暑いと感じれば自然にでてくるものなので汗対策においも同じ対策してあげれば快適で健康的な毎日を過ごすことができると思います。